病院か通販で

Beautiful girl

アフターピルに関しては病院で処方してもらうのが一般的です。避妊に失敗してしまった場合はすぐにでも病院に行くことが望ましいといえます。
ただ、避妊に失敗してしまったという理由では病院に行きづらいと感じる方が多いでしょう。また、仕事の関係で病院に行けない方に関しては手遅れになってしまう可能性があります。
だからこそ、いつでも使えるように通販でアイピルを購入しておく方法がオススメです。日本では市販されていないアイピルですが、海外から輸入する方法なら簡単に購入することができます。
個人輸入代行サービスを行っている通販サイトはたくさんありますので、有効に活用しましょう。
日本ではアフターピルには保険が適用されないので、病院で購入するのも通販で個人輸入代行サービスの通販で購入するのもあまり変わりません。
むしろ診察料などを考慮すると通販の方が安くなる可能性が高いです。手間がかからず、価格も安いので、今では通販を利用する方が多くなっています。

個人輸入代行サービスでアイピルを購入する際は、必ず事前に購入しておく必要があります。
個人輸入は海外から発送されてきますので、注文から届くまでに10日以上はかかります。避妊に失敗してから注文しても絶対に間に合わないので、必ず事前に注文しておいて、届いたら常に持っておきましょう。
常にアフターピルを持っていれば安心感がありますが、だからと言って避妊を行わずに性行為をするのは危険です。アフターピルは女性の体に大きな変化をもたらしますので、吐き気などの副作用に見舞われる可能性があります。あくまで避妊の失敗時のみ使用するものだという認識を持っておくことが重要です。