事後に使える避妊薬

Medicines

アフターピルとは、その名の通り行為の後に使っても妊娠を妨ぐことができる薬です。
日本では産婦人科などで処方されており、避妊に失敗した方や、性犯罪の被害者なども利用しています。
アフターピルは特殊なホルモンが含まれており、ホルモンバランスを変化させることによって妊娠を避ける効果があります。

アフターピルは、様々な方法で妊娠を妨ぎます。
そもそも妊娠とは女性の卵子と男性の精子がくっついて受精卵になり、その受精卵が子宮内膜に着床することを指します。
アフターピルはホルモンの力で排卵を抑制したり、精子と卵子の受精を阻害したり、子宮内膜を薄くすることで着床しにくい状況を作り出してくれます。
このように、体内の状況に合わせて様々なアプローチを行いますので、かなり高い確率で避妊を行うことができます。
ただ、着床まで至った場合は効果を発揮しないので、できる限り行為から間隔をあけずに服用することが重要です。
薬によってタイムリミットは微妙に異なりますが、アイピルを含む多くのアフターピルは72時間が目安になっています。72時間以内であればいつでもいいというわけではなく、できるだけ早いタイミングで服用した方が避妊率も上がりますので、いつでも使えるように常備しておくのが重要だといえます。
数ある避妊方法の中でも、アフターピルは事後に効果を発揮する唯一の避妊方法だといえます。妊娠を望まない方にとっては最後の砦になりますので、全ての女性が持っておくことをお勧めします。
避妊に失敗してから購入しても間に合わないことが多いので、事前に準備しておきましょう。